忍者ブログ
~澄んだ声で歌う~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そうです! ハンサム・ウーマンとくれば“新島八重”さん!!


・・・ではなく(^^;)


いや、八重さんも素敵な方だなーと、最近あれこれ文献などを読み始めたりなんかしているのですが。



今回の本『「暮らしの手帖社」と わたし』を書かれた大橋鎮子さんも又、ハンサム・ウーマンの、お一人。



ぢつを言うと。
「暮しの手帖」──という雑誌を、あまりきちんと読んだ事のない私。 ←こらこらこら(-_-;)

にも拘わらず。

<日常>を大切にした雑誌、広告に惑わされない商品テスト、そして何より珠玉のエッセイ“素敵なあなたに”が、今も変わらず連載されている雑誌──

などなどの理由から、<好きな雑誌>の1つだったりします。


 

90歳を過ぎて、今尚連載を続けられている、大橋鎮子さん。
名編集長・花森安治さんと共に、『暮しの手帖』を作り、花森さん亡き後も、社長として、編集者として、この雑誌を世に送り続けてきた“しずこさん”

自伝が出版された時点で、既に齢90歳。けれども、ほぼ毎日の様に出社され、「何か面白い企画はないの?」と<タネさがし>に励まれているのだとか(*-*)


商品テストにまつわる努力や苦労、一流の料理人さんに<おそうざい>を作ってもらいたいと頼み込んで始まったという“おそうざい十二ヶ月”
怒ると怖い、仕事に厳しい、けれど編集者として真に大切なものは何か、を教わり続けた花森さんの思い出。



そして──<素敵なあなたに>



「商品テストも大事だけれど、ほんのちょっとしたことでも、一言声をかけるだけでも、その場を和ませてくれる、ちょっとした心くばり、思いやり。(中略)スカーフ一枚、ブローチひとつでも、ひと工夫しただけで、美しく、豊かな気持ちになれる・・・そんなことを伝えるページを作りたかったのです」



若くして一家を背負った“しずこさん”は、けれど少しも肩肘の張ったところがなく、しなやかで、生き生きと、<当たり前の毎日>を丁寧に暮らしてこられた方なんだなあ、という気がします。

お節介で(そのレベル?は半端ではないそうですが(^-^;))、思い立ったら即!行動で、好奇心の塊らしい“しずこさん”
自分の知らない事や、知りたい事を調べ、同世代の女性達の為の本を出版する──
それが、原点。



川端康成、志賀直哉、等々。をを!というエピソードも。
是非♪ 

「暮しの手帖」とわたし

新品価格
¥1,800から
(2013/3/19 22:47時点)

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アクセス解析
プロフィール
HN:
沙波
年齢:
52
HP:
性別:
女性
誕生日:
1965/07/21
職業:
カード・リーディング・セラピスト
趣味:
映画・舞台鑑賞 美術鑑賞
自己紹介:
アロマセラピー、リフレクソロジーと学び、とりわけスピリチュアル・アロマの奥深さに大きく影響を受けました。
その日、その時、心惹かれる香りは、潜在意識からのメッセージです。

色彩心理やカウンセリングも再度勉強、西洋占星術や四柱推命、紫微斗占術 等と併せ、タロットやオラクル・カードのリーディング・セッションを行っています。

<答え>は、いつも貴方の中に。
迷った時は、カードに尋ねてみませんか?
忍者アド
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Copyright ©  -- シャン・クレール --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]