忍者ブログ
~澄んだ声で歌う~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルに綴ったフレーズは、ご存知の方も多いと思いますが、
スピッツの楽曲<楓>の中の一節。


・・・いや、特別ファン! という程ではないのですが(^^;)、
(あ、でも、良いなぁ、と思う曲は他にも幾つかありますです♪)
この<楓>はかなりココロに響いた一曲。


多分、ドラマの挿入歌として聴いたからかな、と。




随分昔に放映されたドラマ『オーバータイム』




一応? カテゴリーとしては“恋愛モノ”に入るのでしょうが。



男と女の間に友情は成立するか──が、メインテーマではあり
ながら。



私が共感したのは、主人公のカメラマンの、夢を追いながらも
現実はなかなか自分の思うようには進まず、何度も挫折を味わい
ながら、それでも自分が大切だと信じるモノを捨てずに、前へと
歩いて行こうとする姿。


その彼の生き方を象徴するかの様に、<楓>の歌が幾度となく
流れ。



“これから傷ついたり 誰か傷つけても”

“ああ 僕のままで どこまで届くだろう”



優しさ、とか、真っ直ぐな眼差し、とか。


現実、を生きる上で、時に邪魔になる事すらある、そうしたモノ
達を、彼はそれでも頑なに守り通し、“彼女”は、そんな彼の一番の
理解者として、折に触れてさらりと励まし、応援する。




二人を繋いでいる糸は微妙で、友情の様でもあり、恋の様でもあり。




けれど確かな事は、時にすれ違う事はあっても、二人がお互いを
解り合い、信頼し合い、自分の半身の様に思っていた事。

自分の気持ちよりも、相手の幸せを願っていた事。

それはある意味、自分に嘘をつく──決して褒められた姿ではなかっ
たとしても。





優しさは、時にせつなく、時に哀しく。





それでもやはり、彼の様に、優しく穏やかでありたいと願う気持ちは
今も変わらず。





<オーバータイム>

<延長戦>




「人生にも、延長戦ってあるのかな」
「俺、まだ、戦い続けられるかな」

挫折の中で、彼が問いかけた時。

彼女はきっぱりと応えるのです。

「全然OKでしょう」
「応援するよ」




それが恋であれ、友情であれ。


やがては──それぞれの未来に踏み出す二人であったとしても。




“自分”を守って歩き続ける。




同じ眼差しを持った二人は、きっとどれ程の時が流れても、
その眼差しのまま、歩いて行くのです──。






オーバー・タイムDVD BOX

新品価格
¥15,800から
(2013/9/5 23:41時点)

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アクセス解析
プロフィール
HN:
沙波
年齢:
51
HP:
性別:
女性
誕生日:
1965/07/21
職業:
カード・リーディング・セラピスト
趣味:
映画・舞台鑑賞 美術鑑賞
自己紹介:
アロマセラピー、リフレクソロジーと学び、とりわけスピリチュアル・アロマの奥深さに大きく影響を受けました。
その日、その時、心惹かれる香りは、潜在意識からのメッセージです。

色彩心理やカウンセリングも再度勉強、西洋占星術や四柱推命、紫微斗占術 等と併せ、タロットやオラクル・カードのリーディング・セッションを行っています。

<答え>は、いつも貴方の中に。
迷った時は、カードに尋ねてみませんか?
忍者アド
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Copyright ©  -- シャン・クレール --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]