忍者ブログ
~澄んだ声で歌う~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

rarimar.jpg世界三大ヒーリングストーンのうちの1つ、ラリマー。
進化したターコイズ。
ドルフィン・ストーンの異名も持つこの石は、私が初めて買ったパワーストーンで、「パワーストーン」という言葉に出逢うきっかけともなった石です。


当然?お値段も素晴らしく、初代亡き後(;_;)、長らく二代目を愛用しておりましたが、その後三度!ラリマーでブレスレットを作りました。


と、言っても、ラリマー君はやはりお値段が素晴らしいので(^^;、10mm玉を一個だけ。あとはターコイズ一個とアマゾナイト、間に水晶を。

元々水色が好きな事もあり、思っていた以上にお気に入りのブレスに♪



石に詳しい知人から、いずれ必要になるかも…と言われていたんですよね。
で、一度買おうとしたんですが、急な予定変更でお店に行けず。


<大きな変化のうねりを乗り切るのに、力を貸してくれる石>


──当時。
勤めていた職場に、日々、厳しい嵐が吹き荒れており(-_-;)
それ以前から独立を思い描きつつ、しかし思案ばかりだった毎日から、急遽真剣に進退を考える必要に迫られ。

“直感カード”で

「流れに身を任せ‘守りの姿勢’からの脱皮を」
「今までの否定的な思考パターンを手放す時」

等々のカードが続いていたところ、ふいに空き時間ができて、予定していなかったラリマーのブレスを購入した、2月2日。

“節(季節)を分ける=節分”の前日に購入できたのは、偶然ではないかもね、と先の知人に言われ、ああ、そうか、と。


一見厳しい出来事も、実は、夢に向かって歩きだした私への、天からの贈り物。



ブレスを買った日の夜に引いた“直感カード”。



「新しい旅が始まりました。貴方は既に、新たな道を歩き始めているのです」


(*_*)


PR
ヘレン・シャックマン著『奇跡のコース』
テキスト・ワーク・教師の為の手引き──のうち、ワークの為のガイドとして書かれているシリーズの、今回は<3>となる本書。

訳の監修もされている香咲弥須子さんの巻頭エッセイが、ぢつは、私の第一のお目当てだったりします。
そして、今回。
巻末にも、「あとがきに代えて」との文章があり、これが大変共感できる(ToT)。この部分だけでも一読の価値があるのでわ? とさえ思ったり。


自信をなくし、人を羨み、過去の傷を疼かせ──けれど、たいがいは、遅かれ早かれ気を取り直し、<こんな自分><こんな人生>と付き合っていく。
少しでも良くなるように、落ち込まぬように、頭をひねり、情報を集め、精一杯の創意工夫を凝らしながら。
けれど、あの手この手を尽くしても、結局は「自信をなくし、人を羨み、過去の傷を──」


自分が勝手に膨らませた妄想・幻想の中に救いがある筈はなく、本当はその外に、確かな光と慈しみに溢れた世界が広がっている。
それを理解した時の解放感、安堵感、を、香咲さんは語ります。
全ての悲劇、不幸は<こんな自分>達が作り上げた妄想に過ぎず、それ故(自分の心を変えれば)“変えられる”と知る事こそ、私が何よりも求めていた<ものの見方>だったと──



「コース」のレッスンはスパルタです(^^;)
物腰?は柔らかながら、繰り返し、繰り返し、鍛練する事を指示します。
野球であれば、黙々と素振りに励み、芝居であれば、何十回と、同じ台詞、同じ場面を稽古する。
そして確かに──何度も何度も繰り返す事で、<作家の書いた台詞>が、やがて演技を越えた<本当の言葉>に変わるように、いつしか信じる事が“自然”になるのかもしれません。

香咲さんは綴ります。

世界は、本当はこんなに恐ろしいものではないと、確信をもって子供達に伝えられるとは、なんという幸せだろう、と。
人生は悲惨なものだと泣く人に、あなたはちゃんと守られていると、はっきり伝えられる友人でいられる事は、なんという救いだろうか、と。


──正直。
今の私には信じられない。
他の人にきっぱりと言う事など尚更出来ない。


けれど。

そう信じられたら、どんなに良いだろう。
どれ程幸せで、安らかで、静かな気持ちに満たされるだろう。


そう焦がれる気持ちも、確かに有ります。



見るからに強そうな木と、柔らかく曲がる木では、実は曲がる木の方が強い芯を持っている。
静かで、穏やかで、けれど決して揺るがない。
コースの教えを信じる人は、そんな人なのかもしれません。



但し──ホントにスパルタですけどね(^-^;)

“思い込みにおいては、奇跡とはつねに、「突然、病気が治ること」「思いがけないお金が入ってくること」「相手が急変して自分によくしてくれること」であって、そして奇跡とは、そういうものではないからです”


↓深い哀しみを抱えている人程。

聖なる関係? (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック3)

新品価格
¥1,050から
(2013/2/22 00:05時点)

ヘレン・シャックマン著『奇跡のコース』

テキスト・ワークブック・教師の為の手引き、からなる同書のうち、ワークの為のガイドブックとして書かれた香咲弥須子さんの

『知覚のとびらをあけて』


<1>に続く第2刊。
レッスン21から50まで。尚且つ、<1>と同様、訳者のエッセイが付されていて、これ又、<1>に同じく説得力のある文章が綴られています。


元(今も?)小説家である訳者の言葉は時に詩的で美しく、それだけでも一読の価値があるような。
加えて、物事を説明するのに、「成る程」と思える喩えが用いられている点も、お勧めしたい一因です。



鳥は唯鳥として、竹は唯竹として、あるがままの姿で、あるべき場所で、己の生をひたすらに生きている。
私も、私以外のものになる事はなく、なる必要もない。

完璧な私であろうと、ダメな私であろうと、私は私でしか有り得ない。
より良くなろう、変わらなければ、前向きでなければ、と、自分を鞭打つ必要はなく、唯、生きる事にひたむきになる。
自分の中の生命力、自分にも素晴らしい<生きる力>があるのだと、それに目を向け大切にする──それこそが、精一杯に生きる、より良く生きようと努力する事になるのだと、本書では語られます。


そして──その為の、ワーク。

心の垢を落とすべく

「わたしは、自分にとっていちばん益になることを見ていない」
「わたしは、それが何のためにあるのか、わかっていない」

地味で地道で、根気の要る、けれど目指すものは明確で、唯ひたすら黙々と、コツコツと、繰り返し自分に言い聞かせる。

「何をおいても、わたしは物事を別の見方で見たい」
「恐れるものなど、何ひとつない」
「わたしは、神の愛によって支えられている」

──継続は、力なり。← (゜_゜)(。_。)(゜_゜)(。_。)


恐らくは、劇的な変容などではなく、けれど僅かずつながら確実に、気付いた時には、<新しい視点>で物事を見つめられる様になっているのでしょう。


──但し。
自分がそれを真に欲し、“練習”に励めば、の話ですが(^_^;



なので──ぢつは個人的には、正直、ワークよりも、訳者のエッセイのみを1冊にまとめて本にしては? と思ってみたり。
あと何冊も刊行が続き、全部揃えたらいくら? などと考えてしまう自分が哀しひ・・・(-_-;)
(でも、買いますけどね。ええ。多分)


尤も、3巻、4巻と読み進めるうちに、よりワークへの関心を深め、自発的に“練習”しよう、と思うようになるかもしれません。
どんな嵐も、荒波も、慌てず騒がず、飄々と(←ちょっと違う?)受け止められる。
そんなタフな(←益々違う?)“心”になるよう、僅かずつでも鍛えていきたいなあ、とは、願ってみたりしている今日この頃(^-^)


テキストというより、もはや辞書、な『コース』の<テキスト>の邦訳も、いずれは読んでみたいんですけどね・・・(^^;


↓詩的な言葉に触れるだけでも♪

知覚のとびらをあけて (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック2)

新品価格
¥1,050から
(2013/2/22 00:02時点)

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アクセス解析
プロフィール
HN:
沙波
年齢:
52
HP:
性別:
女性
誕生日:
1965/07/21
職業:
カード・リーディング・セラピスト
趣味:
映画・舞台鑑賞 美術鑑賞
自己紹介:
アロマセラピー、リフレクソロジーと学び、とりわけスピリチュアル・アロマの奥深さに大きく影響を受けました。
その日、その時、心惹かれる香りは、潜在意識からのメッセージです。

色彩心理やカウンセリングも再度勉強、西洋占星術や四柱推命、紫微斗占術 等と併せ、タロットやオラクル・カードのリーディング・セッションを行っています。

<答え>は、いつも貴方の中に。
迷った時は、カードに尋ねてみませんか?
忍者アド
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
Copyright ©  -- シャン・クレール --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]